椎間板ヘルニアの整形外科や病院での詳しい説明

ヘルニアって、どんな意味?

ドイツ語では「飛び出す」という意味です。

椎間板ヘルニアの正しい知識をもって、対処法を見つけていきましょう。

 

【椎間板とは?】

人間の背骨は小さな骨が縦につながり体を支えています。

頚部で7個、胸部で12個、腰で5個計24個の骨あります。

骨と骨の間には衝撃を和らげるためのクッション材が挟み込まれています。そのゼリー状のクッションを椎間板と呼んでいます。

椎間板ヘルニアは、負担のかかるような姿勢や動作で椎間板が疲労したり、傷ついたりして中の髄核(クッションの中身の芯)が飛び出してしまった状態です。

首での症状は頚椎椎間板ヘルニア、腰の場合は腰椎椎間板ヘルニアといいます。

突出した部分が後ろにある神経を圧迫して痛みが発生し、手足の痺れなどにつながります。

 

椎間板ヘルニアでの整形外科や病院での治療は大きく分けて2つあります。

①保存療法

 

・コルセット

・運動療法(ウオーキング、ストレッチ、筋力訓練、水中歩行など)

・物理療法(腰部の牽引療法、温熱療法など)

・鎮痛剤

②手術療法

・レーザー焼灼法

・脱皮

・Love法

・鏡視下摘出術

・フロント抽出技術等

 

ですが、ヘルニアは整体などで、身体の土台や骨の歪みや筋肉をゆるめると大抵の場合、自然に吸収されます。

白血球の一種であるマクロファージがヘルニアを食べることが確認されています。

ヘルニアがとても大きな場合であっても、小さくなった例が報告されています。

その他、腰痛がない方でもヘルニアを観察することができます

 

当院では、外科的な手術はなるべく行わないで整体をいたしますが、手術の方が良くなる場合もございます。

その場合はお伝えいたしますので、ひどい痛みであってもご相談ください。

腰椎椎間板ヘルニアについて詳しくはこちら

腰椎椎間板ヘルニア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加