脊柱管狭窄症

なぜ病院では手術しかないと言われた脊柱管狭窄症が当院の施術で改善するのか?

なぜ病院では手術しかないと言われた脊柱管狭窄症が当院の施術で改善するのか?

こんな症状にお悩みありませんか?

  • お尻から太ももから足にかけて痛みやしびれがある
  • 腰を後ろに反らせると痛い
  • しばらく歩くと痛みやしびれが出て、歩くことが困難になるが休むとまた歩けるようになる
  • 段差などでよくつまずく
  • だんだんと体がゆがんできた

もしあなたがこんな症状にお悩みで、病院や近くの整骨院や整体院に通っているのに症状にあまり変化がみられないというのであれば間違った処置を受けているかもしれません。
・病院で注射やもらった湿布や薬を5回以上使い続けている
・整骨院や接骨院で痛い所にだけ電気を当てている
・指導されたストレッチを頑張っている

実は上記の処置はあなたの症状に合わない間違った対処になっている可能性があります。
当院には毎月の様に脊柱管狭窄症でお悩みの患者さまが来院されます。
そしてそのほとんどの患者さまが湿布や薬で対処をするか、教えてもらったストレッチを頑張っているという状況で来院されます。

あなたの脊柱管狭窄症の症状が治らない理由はその対処にあるかもしれません。
脊柱管狭窄症がひどくなるには3つの順番があります。

 

1.体に疲れや老廃物がたまる
2.疲労から体は防御姿勢をとり体がゆがみ、バランスが崩れる
3.腰や足に負担が蓄積して痛みやしびれをおこる

以上のような3つの流れがあるのです。
しかし、残念な事にこの原則を無視して病院や整骨院・接骨院では処置が行われています。
あなたもこんな経験があるかもしれませんね。

病院で痛み止めの注射や薬で少し楽な気がする
整骨院で電気を当てたりマッサージをしてもらって少し楽な気がする

しかしこれらの方法では、またすぐに戻ってしまう。
そんな経験はありませんでしたか?
それは脊柱管狭窄症の症状が発生する順番を考えずに対処療法しかしていないからなのです!

対処療法が一概に悪いというわけではありません。
しかし根本改善をするわけではないので注意が必要です。
当院の彦根りーるカイロプラクティック整体ではこのような対処療法をするのではなく根本改善を目的に施術をおこなっていきます。
痛みをとる事だけが最終目標ではなくこの再発を繰り返さない状態にするという事に集中しています。

つまり、
1.体の首と骨盤のゆがみやねじれを調整し疲労を取り除く
2.体のバランスを取り戻し筋肉に負担が一カ所にかからないように緩める
3.骨を正しい位置に整える
この3つをしていく事になります。

脊柱管狭窄症の原因とは?

脊柱管狭窄症の原因とは?
椎間板や腰椎の椎間関節(腰の骨の関節)の老化、劣化 丸まった背中、骨盤の歪み・傾き、背骨の左右の歪みなどになります
後発年齢 脊柱管狭窄症では、腰痛・神経痛・痺れなどを発症します。主に50代~70代の方に多い症例です。

似ている症状 同じ神経痛症状として「椎間板ヘルニア」がありますが、「ヘルニア」の場合は前屈みになった際に神経痛が発症する事が多く、「脊柱管狭窄症」の場合はその正反対で「背中を反る」姿勢を取った際に神経痛が発症する事が多いのが特徴です。 脊柱管狭窄症とは背骨を縦断する「脊髄中枢神経」の通り道【脊柱管】が狭くなってしまう現象です。
つまり「脊柱管狭窄症」とは椎間板ヘルニアと同じ「状態」を示す言葉です。
「脊柱管」が「狭窄」(=狭くずぼまっている状態)を起こしてしまっており、特定の「症状」を指すものではありません。

 

「間欠跛行(かんけつはこう)」(=歩行障害)に注意

脊柱管狭窄症によって発症する代表的な症状のひとつが「歩行障害」です。 足が軽くしびれる、手や足の痛み、歩きにくいと感じる 足先が持ち上がらない、スリッパが脱げやすいなど足に力が入らない 歩行中、徐々に体が痺れ、腰を丸めて休むと回復するがまた歩き出すと痛みや痺れが出る このような症状があれば、脊柱管狭窄症の可能性が高いです。

脊柱管を通る神経が圧迫された状態のまま歩く事になる為、腰~お尻~太腿の裏側など、「坐骨神経」に沿った部位に痛みが蓄積されていき、最悪の場合、歩行困難な状態になってしまいます。

 施術方法 

施術によって脊柱管の狭窄自体を戻すことはできませんが、首や腰や背骨のバランスを整えることによって痛み・痺れを軽減させることが可能です。是非一度ご相談下さい。

 

滋賀県彦根市周辺で脊柱菅狭窄症や足のしびれで治療や整体のことや、痛みや悩みがあるならお気軽にお電話ください。

脊柱管狭窄症での症例報告

お客様写真

ぎっくり腰で来院 東近江市からクチコミで来院されました。
一度の施術で、ぎっくり腰でうごけない状態から動けるようになりました。
二度目の来院、動けるが、朝一番と歩く時に足がしびれると訴えておりました。
間欠性跛行の症状があったので、湖東記念病院へいってもらうようにお伝えしました。
そして、レントゲンとMRIをとってもらい診断をうけてもらうと、やはり脊柱管狭窄症でした。

三度目の来院20mほどで疲れて歩くと休憩していたが、40m歩けるようになり
事務職なので、仕事や私生活には支障がなくなったみたいです。
四度目の来院、80mまで休憩せず歩けるようになり朝もすっきりおきれるようになりました。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

彦根市の整体の対象

彦根市で一番大手雑誌に掲載されております。

  • ひよこくらぶ
  • 妊活スタイル
  • はじめてのたまごクラブ
  • RAY
  • JJ
  • ゆうゆう

選ばれる3つの理由

院長よりご挨拶

数ある中からホームページの中からにお越し頂き、ありがとうございます。

ここまでお読みいただいたあなたは「どこへ行けば改善するのか?」

と真剣に考えておられることと思います。

私と一緒にあなたの体に合わせた施術で良くしていきしょう。

僕も小学校2年から高校2年生の10年間、

ひどい肩こりから来る頭痛と吐き気で苦しんでいました。 解決しようと、

いろんな病院や整形外科・整体院にいきましたが良くなりませんでした。

「どこにいっても治らない」「この痛みあきらめた」 という時期が続き、

笑顔でありませんでした。 ですが、母で紹介でとる整体院へいきました。

そこの院では筋肉だけでなく、首の骨(関節)を整えてもらうい、頭痛が消え、笑顔になりました。お店の名前の「りーる」とはフランス語で「rire」で「笑う」「笑顔」という意味です。過去の自分のような痛みで悩んでいる人を、早く笑顔になってもらいたい。創業から16年の間その思いで、本気で施術させていただいております。

【追伸】国家資格保持者が、体に合った施術を丁寧にさせていただきます

国家資格柔道整復師&国際基準カイロプラクー      上田永吉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加