シンスプリント

  • すねの内側または外側に痛みがある
  • 走ったり、ジャンプするとすね付近が痛い
  • すねの内側を押すと強い痛みがある
  • 骨がきしむような感じがする

シンスプリントとは

主に運動のしすぎによって起こる疾患のひとつです。別名で「脛骨過労性骨膜炎」「過労性脛部痛」と呼ばれ、一般的に、すねの内側が痛くなる症状です。人によっては外側に痛みが出る場合もあります。スポーツやランニングを新しく始めた人に多く起きるため「初心者病」とも言われます。

 

シンスプリントの主な原因

①筋肉の使いすぎ、過度な運動

筋肉を酷使しすぎると、疲労物質が溜まり硬くなります。この蓄積により痛みが起こります。

②硬い地面でのランニングやトレーニング

硬い地面のほうが、足への負担が多くなり筋肉が疲労しやすくなります。

③足に合わない、クッション性のないシューズ

②と同様クッション性がないと負担が多くなります。

 

④股関節、膝関節、足関節などの可動域低下

関節の柔軟性がないと、クッション性がなくなり筋肉への負担が多くなります。シンスプリントの原因は筋肉だけでなく、関節にもあるのです。

 

当院では、筋肉、筋膜、関節のバランスを調整することで痛みや疲労を取り除きます。

また、セルフケアとして正しいストレッチやフォームの指導を行いサポートさせていただきます。

彦根市で一番大手雑誌に掲載されております。

  • ひよこくらぶ
  • 妊活スタイル
  • はじめてのたまごクラブ
  • RAY
  • JJ
  • ゆうゆう

彦根市の整体の対象

選ばれる3つの理由

院長よりご挨拶

数ある中からホームページの中からにお越し頂き、ありがとうございます。

ここまでお読みいただいたあなたは「どこへ行けば改善するのか?」

と真剣に考えておられることと思います。

私と一緒にあなたの体に合わせた施術で良くしていきしょう。

僕も小学校2年から高校2年生の10年間、

ひどい肩こりから来る頭痛と吐き気で苦しんでいました。 解決しようと、

いろんな病院や整形外科・整体院にいきましたが良くなりませんでした。

「どこにいっても治らない」「この痛みあきらめた」 という時期が続き、

笑顔でありませんでした。 ですが、母で紹介でとる整体院へいきました。

そこの院では筋肉だけでなく、首の骨(関節)を整えてもらうい、頭痛が消え、笑顔になりました。お店の名前の「りーる」とはフランス語で「rire」で「笑う」「笑顔」という意味です。過去の自分のような痛みで悩んでいる人を、早く笑顔になってもらいたい。創業から16年の間その思いで、本気で施術させていただいております。

【追伸】国家資格保持者が、体に合った施術を丁寧にさせていただきます

国家資格柔道整復師&国際基準カイロプラクー      上田永吉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加