足首捻挫

足首捻挫の図(慢性的な腰・膝痛)

足首捻挫の図(慢性的な腰・膝痛)

足首の捻挫の症状とは?<受傷原因>

足首の捻挫。ほっておくと腰痛や、膝の痛みになります。

 骨の歪みを整えることが得意な、りーるでは、固定と合わ せて、1日でも早く良くしていきます。

主にスポーツ活動中、相手の足を踏んだ際やジャンプ着地時に足を捻り負傷することが多いです。  この時、足の小指側が下になるように捻ることを内反捻挫。親指が下になるように捻ることを外反捻挫と言います。

足首の構造上、圧倒的に内反捻挫が多いです。

<症状>

足首周囲の腫れ、熱感、皮下出血、痛み

<捻挫の程度による分類>

足首に限らず、捻挫とは関節をつなぐ靭帯損傷のことを指します。 その靭帯損傷の程度により、おおまかに3度に分けられます。

Ⅰ度  靭帯の微細損傷。関節の動揺性がなく、炎症症状が引くことで運動しても大丈夫です。 テーピングをすることで即、または数日で競技に復帰できる場合もよくある。

Ⅱ度  靭帯の部分断裂。非常に症状の幅が広い。靭帯が少し切れているだけの場合からギリギリで繋がっている場合までを指す。  関節の動揺性(グラつき)がある場合には、先のことを考えるとテーピング等で早期に復帰することはオススメできない。  靭帯の修復を待たずに復帰すると関節の動揺性が残り、いわゆる捻挫グセがつくことが多くなる。

Ⅲ度  靭帯の完全断裂。靭帯が完全に切れてしまっている状態。 関節に動揺性があり、初回の捻挫であれば、ひどい炎症症状と痛みが伴う。  まずは安静固定、松葉杖使用などで様子をみていく。しかし、関節の動揺性が残り、競技復帰していく時期になっても痛みが残る場合が多く、手術によって靭帯を繋ぐことになる場合も少なくない。

 

足首の捻挫の原因とは?

<受傷後の流れと処置>  捻挫後すぐに歩けるような状態であれば、Ⅰ度の損傷の事が多いです。 この場合は固定も軽くして、多少の痛みがあっても足を引きずらないで歩いたりして、早めに動き始めたほうが痛みが引くのが早い事が多いです。 しかし、関節の動揺性がある場合は早期に動かし始めると、関節の動揺性が残り、長い間痛みが残ったり、捻挫し易い足になってしまいます。  リハビリでは、最終的には中殿筋と腓骨筋の筋機能の回復・強化が重要になります。 このどちらかの筋肉でも弱さがあると足首は不安定になり、靭帯の修復も遅れ、再負傷や痛みの残存の原因となります。

<原因は距腿関節と距踵関節の歪みも!> 滋賀県彦根市で、足首の細かい骨ですが、距腿関節と距踵関節の骨の歪み矯正してくれるカイロプラクティック整体院が増えますように。

足首の悪い方におすすめするのが、足首のサポーターです。昔の捻挫などで、足首がゆるいと腰も膝も傷んでしまいます。足首のサポーターと、整体を併用することで早く、いろんな症状があります。フリーサイズで1260円の商品となります

足首の捻挫で来院されたお客様の声

足首の痛みで捻挫でしたが走れました。

お客様写真

運動会の練習で走り過ぎて足首が痛くなりました。
1週間後に運動会で走れるか不安でしたが3回で痛くなくなり、運動会で全力で走れるようになりました。テーピングの効果もすごかったです。
お母さんの首の痛みもとれて良かったです。
ありがとう。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

彦根市の整体の対象

彦根市で一番大手雑誌に掲載されております。

  • ひよこくらぶ
  • 妊活スタイル
  • はじめてのたまごクラブ
  • RAY
  • JJ
  • ゆうゆう

選ばれる3つの理由

院長よりご挨拶

数ある中からホームページの中からにお越し頂き、ありがとうございます。

ここまでお読みいただいたあなたは「どこへ行けば改善するのか?」

と真剣に考えておられることと思います。

私と一緒にあなたの体に合わせた施術で良くしていきしょう。

僕も小学校2年から高校2年生の10年間、

ひどい肩こりから来る頭痛と吐き気で苦しんでいました。 解決しようと、

いろんな病院や整形外科・整体院にいきましたが良くなりませんでした。

「どこにいっても治らない」「この痛みあきらめた」 という時期が続き、

笑顔でありませんでした。 ですが、母で紹介でとる整体院へいきました。

そこの院では筋肉だけでなく、首の骨(関節)を整えてもらうい、頭痛が消え、笑顔になりました。お店の名前の「りーる」とはフランス語で「rire」で「笑う」「笑顔」という意味です。過去の自分のような痛みで悩んでいる人を、早く笑顔になってもらいたい。創業から16年の間その思いで、本気で施術させていただいております。

【追伸】国家資格保持者が、体に合った施術を丁寧にさせていただきます

国家資格柔道整復師&国際基準カイロプラクー      上田永吉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加