ベジファースト・カーボラスト

野菜を先に食べることをベジファースト

ごはんやパンなどの炭水化物を、最後に食べることをカーボラストと呼びます。

痩せやすくなり、体に良い、ベジファースト・カーボラスト、始めまてみませんか?

食生活で体によくないこと
血糖値が急に上昇し、それを抑えるために、インシュリンがでて、急激に血糖値が下がる、血糖値スパイクがおこることです。

詳しく説明します。

ごはんやパンなどを、食事の一口目に食べると、血糖が急上昇します。
そうすると、体の膵臓は、血糖を下げるためにインスリンを大量に分泌し、膵臓に大きな負担がかかります。

食事の正しい順番は、野菜 (食物繊維)→肉・魚・卵(タンパク質)→ごはん(炭水化物)です。

ベジファースト・カーボラスを行うと3つの作用が期待できます。

①ごはんより、野菜を先に食べると食物繊維の作用で血糖上昇が穏やかになります。
さらに、最初に野菜を食べれば満腹感が得られやすくなり、総摂取カロリーを減らすことにもつながるので一石二鳥です。

②肉・魚を先に食べるとインクレチン(ホルモン物質)が分泌を介して血糖上昇が穏やかになります。

③血糖上昇が穏やかになれば、インスリン分泌も穏やかになり、膵臓への負担が軽くなるため、糖尿病予防効果が期待できます。

その、インスリンは、血糖降下ホルモンであり、肥満ホルモンでもあります。
ですので、インスリン分泌が穏やかになると、太りにくくなることも期待できます。

しかし、食べる順番を変えても、野菜や肉・魚・卵などの食べる量が少なければ、血糖上昇を穏やかにする作用が弱いので、注意です。

足りない時は、プロテインや青汁、サプリメントで補うこともオススメしますが、なるべく食事で取るところが前提となります。

栄養不足から来る不調.その1タンパク質について詳しくはこちら

栄養不足から来る不調.その1タンパク質