施術の流れと理論と役割

当院では、体のことをわかりやすく説明することを大切にしております

 

問診

①痛い順番から聞いていきます。

②いつから、どのような時に痛いのか聞きます

③ご自身でどこが痛いか触ってもらいます。

 

【検査】

1.姿勢評価

頭の傾き・肩の高さ・骨盤の左右の高さ

 

2.動診+整形外科テスト

①立位、腰椎、前後屈

②膝を深く座位.頚椎、伸展動作、回旋、大きく右回りに回す、整形外科テスト

③腰痛回旋。整形外科テスト

④肩関節外転テスト 整形外科テスト

 

3.圧痛、僧帽筋(肩)・腰方形筋(腰)脊柱上から下に(胸椎、腰椎)

1−3の検査を考慮して説明を行います。

 

仰向き

1.循環理論(副交感神経節、オステオパシー、生理学的アプローチ)

①頚椎(特に後頭骨と環椎の間)と、仙腸関節の捻れを整える(硬膜の圧迫をとり、脳脊髄液の流れを良くする)、動脈系アプローチ

 

下向き

②下腿部の筋ポンプ(筋膜調整)をする(臀部から大腿部のハムストリングス、下腿部の腓腹筋、ヒラメ筋まで行う)ことにより、全体の7割ほどの自然治癒力がアップ.静脈系アプローチ

ここまでが、ABCベーシックソフト整体です。

ここで先ほどのエラーの出た検査をチェック

 

仰向き

 

2.構造理論(カイロプラクティック、解剖学的アプローチ)

 

①手首の調整を行う。手首の手根骨の骨の歪みを整えることで、屈筋腱の反射を整えます。

 

②足首の内旋を主に矯正します(昔捻挫をしてほっといた、女性の内股など)

ここまてまで、首と腰痛の慢性的な痛みの原因を取り除きます。

 

③肩関節や鎖骨の周囲の動きをつけます。ここで、肩が挙がらないなどの五十肩や肩こりの原因を取り除きます。

 

3.脊柱を整えます。

主に頚椎の1.2.5番、腰椎の4.5番と、T12.T1-4.8周囲の矯正を行います。

 

4.内臓理論(バセロゥ理論・循環)

横隔膜、肝臓、腎臓、腸、膀胱、子宮の平滑筋のチェック

 

5.頭蓋骨理論(クラニアル理論・循環)

 

6.頭蓋骨の縫合の調整

 

7.グラストンテクニック(深部の筋膜リリース)

8.アクティベーター療法(関節の歪み)の構造理論を整える

9.伸縮テーピング療法(固定と筋肉の治癒力の循環理論を高める)を行います