自立神経の乱れ等により頭痛、吐き気、肩・首・背中の痛み

お客様写真

・症状、自立神経の乱れ等により頭痛、吐き気、肩・首・背中の痛みによりラジオ体操で前後屈など体をひねる動作が満足にできない状態。
・他院の感想、ここに来るまで他のところでマッサージを受けましたが、改善しませんでした。

こちらでは受診2回目で痛みがコリにまで和らぎました。
医師の診断により休職していましたが、今では復職の目処がつくまでに回復しました。
施術以外でも愚痴や相談に親身にのってもらい感謝しています。
そういう面でとても接しやすいです。同様の痛みを抱えていらっしゃる方もまずは2、3回程度の施術から試されることをお薦めします。

30代女性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

■先生からのメッセージ

自律神経失調症は頚椎と骨盤の歪み、内臓の施術を行い、自律神経の副交感神経のバランスを正常にすることで、疲労を回復する能力をあげるとよい効果がでることが多いです。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

息子の起立性調整障害が治り学校へいけました お客様写真
起立性調整障害が整体で良くなりました。 お客様写真
首から肩が驚くほど楽になり お客様写真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加