鍼灸・あんま・マッサージ 

あなたの症状に合わせて、鍼灸・あんま・マッサージを融合したホリスティックで最先端の治療を行い、あなたの健康に響かせる『鍼』を打ちます。

難病から肩こり、美容、メンタルなど様々な疾患にオーダーメイドの治療を提供します。

当院は患者さんと心のつながりをなにより大切にしています。治療以前の段階で、治療する側には患者様への心使いが何より必要だと考えているからです。

医師と決定的に違うのは患者様と話し合う時間が多く持てるということです。最初の段階で説明もきちんとし、理解を求めますので時間の方は少々かかってしまいます。予めご了承ください。

 

当院では、心のつながりを重視した問診と、様々な医療現場で多数臨床経験を積んだスタッフによる本格的な治療を、皆様にご提供いたします。


心因性のトラブルも、ホリスティック(全人的)に治療できます。米国心理学の大学院 修士

 

このような方は是非施術させてください。

慢性痛の方

仕事等による使い痛みの方

スポーツ障害

顔や首や骨盤や股関節の歪んだ人

担当 岩崎 正春 Hal Iwasaki

日本の国家資格 鍼灸・按摩・マッサージ・指圧師

米国の大学院大学(www.ciis.edu) の心理学修士

統合心理学(サイコシンセシス)学会副会長

http://www.psychosynthesis-japan.net/

針灸・マッサージの30年の臨床の他、

瞑想・練気功の修練

 

鍼や国家資格者によるマッサージ希望の方はお気軽にお電話ください。

肩、膝の痛みの症状とは?

痛みとつきあう 痛みやしびれはいやですね。痛くて仕事に集中できない事もあります。でも諦めないでください。

「なぜ痛いか」「どうしたら痛みから楽になるか」をまとめました。

うまくケア(治療)を受ける。そして自分でも、健康のための正しいセルフケアをして、一日もはやく楽になり、さらに再発しない身体になり、仕事も・好きな事もいっぱい成果がうまれる人生を実現しませんか。

痛みは大切な感覚です。 痛みは人間にとって大切な感覚です。

ケガをした時に、痛みが身体の動きを固めることにより、更に大きなダメージを防ごうとします。

これが、痛くて身体が突っ張って動かせなくなる原因です。 痛い場所が移動する、 たとえば10カ所悪い所があると、痛いと感じるのはせいぜい二つ半ぐらい。

「ここがすごく痛い」、「次はここ」「次はここかな?」ぐらいしか感じません。他の場所は「痛み」を感じないだけです。

実際に腰痛は6カ所以上,ムチウチは10カ所以上の部位を治療します。

処置した所の痛みはすぐに軽くなりますが、感じていなかった所の痛みが次々に出てきます。

悪いところを一つ一つ治してゆくのには、時間がかかります。痛い所が順番に消えて行き、動けるようになります。

全体の体調がよくなると、十年以上前の古い傷も出てきます。消えていたのではなく、他が痛くて、感じなかっただけです。身体は覚えているのです。

感じたら「治す」チャンスが始まります。

痛みの原因

1.転倒・打撲などによる内出血や筋肉や神経の痛み、脊髄の分離やすべり症よる神経根からの痛み

2.身体全体や身体の関節のねじれやゆがみが原因で、筋肉や腱が引っ張られて、関節に負担がかかり、痛みくて゜動かせなくなります。水がたまる事もあります。この場合は、痛み止めの注射や針はあまり効きません。実は痛みの半分ぐらいはねじれとゆがみが原因です。

3. 内臓からの反射による痛みがあります。ストレスの多くて食べ過ぎの現代人は、お腹を深く押してみて、みぞおちが痛んだり、背中や腰痛が痛い人は多いです。 放っておくほど治りにくくなります。特に糖尿病や肝臓病や腎臓疾患は要注意です。失明したり、手足の切断や人工透析が必要なばあいもあります。「内臓からです」い注意スル人がいますが、ココが痛い人が治療(内臓のマッサージ)すると、若返り不妊には効果があります。

4.身体の柔らかい人(女性)に多い 、関節が柔らかくて、緩みすぎて動かす時に痛い。結果的にハタヨガをやっている人がおおいです。ポースを完成させることが目的だと思っているから、関節に無理がかかります。

ヨガは部分と全体(からだと心・個人の意識と宇宙の意識)を結びつける事です。痛いとは身体からのメッセージです。工夫して学びとしましょう。

痛みと心

だれが何を言おうと痛いモノは痛い 痛みを感じるのは、心なので、個人差がたいへんあります。本人が痛いといえば、その人は痛みの世界にいるのです。周りの人が何を言おうと関係ない心の体験です。

脳は痛みをどう処理しているか あらゆる感覚には慣れるモノですが、ハイキングなどでお昼を食べるために、石に座ったとします。

石でおしりが痛くても、ご飯を食べ出すと、石の傷みを忘れて食事をしてしまうモノです。食べ終わった頃には、また石でおしりが痛くなることがあります。 心に辛い事があると普通は身体にも苦痛=痛みを感じます。

心と体はつながっているので、気分が変わると身体が痛い。思い出すと涙が出身体と心の古キズもあります。

元横綱の若乃花は引退を決めた時から、痛めたキズが痛み出して、夜寝られなかったと語っていました。 線維筋痛症 繊維筋痛症というのがあります。

特に負傷した我でも無いのですが、身体のあちこちが痛くて、動かせなくなります。次第に筋肉が細くなり、身体が動かせなくなり生活に支障がでます。身体がいたみを受け入れなくなったしまうのが病気ともいえます。

身体が柔らかくて、たいへん繊細で、頭の良い人(女性)がなる事が多いようです。 線維筋痛症は、脳が痛みになれなくて、痛くて動けなくなり、全身が衰えて行きます。痛くても動かせる様に治療して身体を鍛えてゆくと二週間ぐらいで改善します。(松葉杖で来た人が、ハイキングできるようにまで良くなる治験はあります。 慢性の痛みは、腫れや動悸やがなければ、まず温める事です。前号を参考してくださ セルフケアの勧め 好きな事(趣味)を一杯しよう。 仕事が好きな人は、幸せな人ですが、是非仕事以外にも好きな事を見つけ、楽しみませんか。

趣味(好きな事)に一生懸命に取り組んでいる時は、痛みを忘れるものです。

自分らしさを感じるモノなら何でも良いです。出来たら、二種類やりませんか。 一つは身体を動かすことで身体と心を丈夫にするモノ(散歩しながらのバードウオッチングやヨガや気功や人の為に何かをしてあげること(自然や町のゴミを拾いに行くなど もう一つは、大して身体は使わないで何かを創り出すもの(歌や楽器を演奏すること、絵(書)を描いたりアクセサリーを作ったりする。自分で創ったモノ(音や作品)を誰かのために、提供したら、「喜び(joy)」は外に向かってゆき、また嬉しい形で帰った来るかもしれません。  年取って身体が動かなくなった時でも、出来るモノです。病気や老いや死は避けられないモノです。死の間際でも、楽しい事があれば、「喜び(joy)」を感じる「もの」です。 最後に 皆様にとって、最高の治療を提供できるように努力していますが、難しい症状の人もどんどん来られています。あきらめないで、ケア(施術)を受ける、自分で出来るケア(良いモノを少し食べる、身体を動かす、呼吸法をするなど)して、楽しい毎日の人生にしてください。

喜びの毎日 日々是好日

超簡単な健康法 たった5分、 生死を決める5分

●たった5分の遅れを取り戻そうと急いで交通(バイクなどの)事故で死ぬ人は多い。
たった5分の遅れのせいで、まにあおうと、通勤・通学時間の全部をイライラして
過ごすことになります。何とか潜り込んだ仕事や授業に取り組む時には、精神的余裕
はなく、成果は、いまいち。満足のないすっきりしない一日が終わります。
●精神的・身体的な緊張は、内臓やホルモンや脳波の乱れとして、
質の悪い睡眠になり、後の日に残ります。

そして、また次の日も5分遅れの危険に満ちた一日が始まります。

●5分遅れの人生が、ある日突然、あなたの命を一瞬にして消し去るか、
積もり積もって早死にするか、一生イライラして過ごすか、
あなたの自由な選択肢のひとつです。「人間は、不平等になるチャンス(24時間)を
平等に持っています」から、「どうぞ、ご自由に!」 

★あなたの周りで急いで亡くなったり、怪我をした人がいますか?
★どうか あなたは、家族の中や友人の中で、可哀想な人で終わらないでください、

皆様の身体と心の健やかな長生きの人生を願います。

読めば物知りになりますが、健康にはなれません。痛い痛い、つらいつらいと
繰り返し言っても楽にはなりません。実際にケアを(治療)を受けた人だけ、
正しい健康法をした人だけが、やっただけが良くなります。

知らない間に疲労はたまります。疲れたり、また少し痛いところがあれば、
最高の技術レベルの人に治してもらうことが、時間もお金も使わなくて済みます。
何年かけても治らない人が、どんどん治ってきています。

文責  岩崎正春 copyrights 2017,

彦根市の整体の対象

彦根市で一番大手雑誌に掲載されております。

  • ひよこくらぶ
  • 妊活スタイル
  • はじめてのたまごクラブ
  • RAY
  • JJ
  • ゆうゆう

選ばれる3つの理由

院長よりご挨拶

数ある中からホームページの中からにお越し頂き、ありがとうございます。

ここまでお読みいただいたあなたは「どこへ行けば改善するのか?」

と真剣に考えておられることと思います。

私と一緒にあなたの体に合わせた施術で良くしていきしょう。

僕も小学校2年から高校2年生の10年間、

ひどい肩こりから来る頭痛と吐き気で苦しんでいました。 解決しようと、

いろんな病院や整形外科・整体院にいきましたが良くなりませんでした。

「どこにいっても治らない」「この痛みあきらめた」 という時期が続き、

笑顔でありませんでした。 ですが、母で紹介でとる整体院へいきました。

そこの院では筋肉だけでなく、首の骨(関節)を整えてもらうい、頭痛が消え、笑顔になりました。お店の名前の「りーる」とはフランス語で「rire」で「笑う」「笑顔」という意味です。過去の自分のような痛みで悩んでいる人を、早く笑顔になってもらいたい。創業から16年の間その思いで、本気で施術させていただいております。

【追伸】国家資格保持者が、体に合った施術を丁寧にさせていただきます

国家資格柔道整復師&国際基準カイロプラクー      上田永吉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加